兵庫県山陰湯村温泉 湧泉の宿ゆあむ | 天然温泉

湯村温泉の歴史

岸田川の支流、春来川のほとりに湧く日本屈指の高熱温泉である「湯村温泉」

平安時代(848年)開湯の湯村温泉郷は、98度のお湯がこんこんと湧き出る日本屈指の高熱の湯で知られ、湯治場として、また美人の湯として名高く、伝統ある旅館が立ち並ぶ古き良き時代の温泉街です。

湯村温泉イメージ

"ゆあむ"から春来川沿いに少し歩けば、街の中心「荒湯」にたどり着きます。

「荒湯」は湯村温泉の元湯で、深いボーリングを必要とせず数メートルの深度で湧出しており、98度の高温泉が毎分470リットルも湧出しています。
荒湯ではその高温の湯壺を使って温泉卵を作ったり、野菜を湯掻いたりもできます。

春来川沿いの長い足湯につかり、川から沸き立つ湯けむりを見ていると時間を忘れ、癒しのひとときを過ごせます。

泉質と効能

弱アルカリ泉でお肌に優しく、湯上り後はさらっとして、いつまでも身体の芯からぽかぽか、肌はつるつるします。

層の岩石の間をじっくりと時間をかけて地上に出てくるのでミネラル分も豊富な温泉です。

ニオイも味もほとんどありませんが、口に含むと、少しトロっとしています。これはお湯に重曹が含まれているためです。
荒湯で山菜などを茹でるとあくが抜けて美味しくなるのも、荒湯のお湯を使って作る湯豆腐「荒湯豆腐」(木綿豆腐)が、絹ごし豆腐のようになめらかになるのも湯村のお湯ならではです。
これが、お肌に特別な効果をあたえるのです。

湯村温泉イメージ

温泉分析表

温泉を使用している館内浴場施設 やまの湯「大浴場、露天風呂」
かわの湯「大浴場、露天風呂」
その他水道水を使用している
館内浴場施設
各客室の内風呂(全室)
源泉名 「荒湯」
源泉地住所 兵庫県美方郡新温泉町湯1248
源泉の湯量 温度98度(470リットル / 分)
源泉からの引湯量 150t / 日
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物、硫黄塩泉
効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・間接のこわばりなど
給排湯方式 かけ流し循環併用方式
加水の有無 温泉温度が高い為、加水しています。
入浴剤使用の有無
循環装置等の理由 温泉資源の保護と衛生管理のため、循環ろ過装置を使用しています。
消毒処理の理由・消毒方法の例示 衛生管理のため、塩素系薬剤を使用しています。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら[0796-92-1101]

宿泊プラン一覧

  • 会員登録のご案内
  • お茶へのこだわり
  • お子様歓迎!ベビー用品完備
  • 周辺観光地
  • 友人と楽しむ
  • 自然・旧跡を楽しむ
  • 鳥取方面を楽しむ
  • 天気予報
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • Facebook
  • Twitter